後悔をしないはじめてのお葬式を実施するために押さえておくべきポイントをご紹介

人間は生まれてきた以上は誰でも必ず死ぬ時がやってきます。
両親をはじめ祖父母や我が子、兄弟などが突然亡くなることもあるわけです。
親族が亡くなると遺族はお葬式の段取りを始めなければなりません。
ただ初めての葬儀で何をすればいいのか、故人にとって満足のできる後悔のない葬式にするにはどのようにすればいいのかわからず途方に暮れている人もいるでしょう。
当サイトでは葬式にまつわる成功するためのポイントをご紹介します。

後悔をしないはじめてのお葬式を実施するために押さえておくべきポイントをご紹介

お葬式で最も大事なことは、故人が安心して今生に後悔を残さず成仏され、天国に召されることを考えなければなりません。
そのためお葬式は故人の遺志を第一優先でプランし執り行う必要があります。
それと同時に葬儀に参列してくれた方に感謝の意をしっかりと述べる必要もあるんです。
それゆえ信頼のおける葬儀会社に依頼し段取りしてもらうのが賢明です。
見積の内容は明瞭であるか、口コミ評価は高いのか、電話や接客対応は満足できるかなどを見極めたうえで、数社から相見積もりを取ると比較検討しやすく、葬儀を成功に導くことができます。

お葬式は生前に話し合っていくことが重要

ある程度年齢を重ねて終活を意識するようになったら、自分のお葬式の事は生前に家族としっかり話し合っておく事が大切です。
大切な人の死は家族に大きな悲しみを与え、冷静な判断が出来なくなる人がたくさんいます。
全く話し合いをしていなくてノープランだと、亡くなった後すぐに自分で葬儀会社を探して問い合わせしお迎えなどの手配をしなければなりません。
親族間でお葬式の費用や内容でもめる事もあります。
自分で決めておけば揉める事もありません。
大切な最期の時間を、ゆっくりお別れできないのは悲しいものです。
流して欲しい音楽は何か、家族葬がいいのかなど葬儀の形式、できれば葬儀会社まで決めておけば、家族が困る事もありません。
人によってはお世話になった人には直接お礼がいいたいと生前葬をする人もいます。
死というものは日常生活において避けて考えがちだからこそ、しっかりと決めておく事が残された人に最後に示せる愛情のようなものではないかと思います。

お葬式の業者は事前調査しておくことがポイント

お葬式の業者選びはなかなかじっくりと行うことができない場合が多く、そのため価格面や内容面で目についたところを数字の中から選んでしまうと言うことが少なくありません。
しかし実際に葬儀を行った後で料金が高いことに気づいたり、他社の方がサービスが充実しているなどと言うことに気づいてしまうことも多いものです。
このようなことに後で気づくと、失敗したと言う気持ちになることも少なくありません。
これを避けるためには、お葬式の業者を事前調査しておくことが良い方法となります。
最近ではインターネットが普及し様々な業者が情報をホームページなどで提供しているので、これらの情報を比較しておくだけでも十分な調査になります。
また自分なりに価格やそのサービスの内容なので比較をしておくことも良い方法となっており、これらを1度でもやっておくと良い業者を見つけておくことが可能となるため、いざと言う時に慌てることがありません。
気軽にサービス内容を紹介してくれるところも多いので、思いついたときに事前調査をしておくと便利です。

お葬式を実施しないパターンの紹介

家族が亡くなってしまうと故人になりますから、早めに供養を済ませないといけないです。
日本ではお葬式でたくさんの人に故人のことを見送ってもらうような文化が昔から根付いていますが、実際にはお葬式をやらないパターンも存在します。
直葬を選ぶことでお葬式を実施しない状態で故人を供養することができますから、一般的には直接故人の遺体を火葬場に運んで、短時間のお別れをした段階ですぐに火葬をしてしまいます。
そして火葬が済んだ段階で収骨をして終了することになりますから、実質的にお葬式を実施しない状態で故人を遺骨の状態にすることが可能です。
火葬式と呼ばれているようなこともありますが、直葬とネーミングが違うだけで同じことなので、どちらを選んでもスムーズに火葬だけで終了させることができます。
家族や親戚などの親しい間柄にある人だけで集まっておこなうので、通常のパターンよりもトータルの費用を圧倒的に少なくすることが可能です。

リーズナブルな家族葬というお葬式とは

故人の最後のお別れをする場としてお葬式を執り行う事は多くありますが、遺族にとって葬儀にかかる費用は大きな負担になるケースもあります。
昔から選ばれているプランの1つとして一般葬がありますが、通夜と告別式を2日間行うのが特徴です。
参列者も制限がないので自由に故人とのお別れをする事ができるため、大規模な葬式になってしまうケースもあります。
遺族にとっては参列者が多い事で返礼品や食事の用意の数が増えるので、その分の支払いが増えてしまうのが特徴の1つです。
ただし最近では感染症対策で規模を縮小する傾向が増えてきており、一般葬ではなく家族葬を選ぶケースが増えてきています。
お葬式プランの中でも家族葬自体は参列者を制限する事ができ、小規模な葬式にする事が可能です。
そのため費用面でも参列者にかかる費用負担が減るので、リーズナブルな価格の葬儀にする事が出来るという点では遺族側の負担も軽くなるのが特徴であり魅力でもあります。

著者:浜中敏之

筆者プロフィール

愛知県岡崎市生まれ。
葬儀関連の会社で働いています。
経験を生かしてお葬式に関するお役立ち情報を書いています。
岡崎市 お葬式